睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

 睡眠時に呼吸が止まる回数が多いと、日中にも眠気や疲労感が生じて生活に支障をきたします。その原因のうち、気道閉塞が問題となるもので、重度でなければ、スリープスプリントという一種のマウスピースを睡眠時に装着する治療が適応となります。スリープスプリントは、下顎を前に出した状態を保つ装置で、これにより睡眠時に舌が落ち込んで気道を塞ぐのを防止します。なお、この治療は上下の歯にはめて顎の位置を固定するため、上下に装着できる歯のあることが必要となります。
 この疾患は口腔外科単独で治療することはできません。内科、呼吸器科の診断の後、その依頼によって治療するように定められています。

歯科口腔外科メニュー一覧へ