歯周病

歯周病

 歯周病(歯周炎)は口の中の細菌によって生じる生活習慣病です。歯肉の発赤、腫脹、出血といった歯肉炎の症状が進むと炎症が骨に及び、歯が動いてきたり、歯肉から膿が出たりしていき、重度になると抜歯となります。歯周病が進行しないようにするためには、口の中の細菌が増えないように適切な歯磨き(プラークコントロール)が大切です。歯周病の治療は、清掃指導と歯石除去、歯肉と歯の間の溝(歯周ポケット)の中の清掃が基本で、改善が得にくいときは外科的に歯肉をあけて歯根の表面を掃除します。ごく限られた部分で骨がなくなっている場合は、骨の再生を促す外科的治療が行われることがあります。

歯科口腔外科メニュー一覧へ