歯科口腔外科の紹介

はじめに

 口の中には400〜500種類、数千億個の細菌がいると言われています。その中には虫歯の原因となるミュータンス菌や、歯周病の原因となるジンジバーリスなどがありますが、こうした細菌感染によって、歯茎が腫れたり、皮下に及ぶと頬が腫れたり、骨に広がると骨髄炎になったり、鼻の方に広がると上顎洞炎を引き起こしたりします。また、高齢者で誤嚥しやすい方は、口の中を不潔なままにしていると誤嚥性肺炎を起こす危険性が高くなります。
 近年、歯周病菌が全身疾患に影響していることが知られるようになってきました。糖尿病、高血圧、動脈硬化、感染性心内膜炎、骨粗鬆症、病巣感染による関節炎、低出生体重児、インフルエンザなど、大なり小なり、口腔細菌が関わっている場合があります。
 口腔内は唾液で潤っているのが正常ですが、唾液が少なくなると食べ物が飲み込みにくく、汚れが残って不潔になりやすく、カンジダ症や味覚障害、口臭、入れ歯の接触痛が生じます。その点で、口の中が潤っていることは、とても重要だと言えるでしょう。
 口腔外科では、こうした細菌感染による病気の他、粘膜、骨、顎関節、唾液腺などの外科的、内科的疾患を扱っています。

歯科口腔外科メニュー一覧へ