口腔乾燥症

口腔乾燥症

 高齢になると全身疾患のため多くの薬を長期内服するようになり、その副作用として口腔乾燥が生じることがあります。原因となる薬として血圧降下薬や利尿剤、抗不安薬などが挙げられます。また唾液腺が衰え、唾液の分泌量が低下すること、周囲の筋が衰えて分泌の刺激が少なくなることも影響しています。治療としては、通常の口腔乾燥に保険適応の薬はほとんどないないため、水を含むなど口の中を潤す対症療法となりますが、唾液腺や筋の活動を高めるため、唾液腺マッサージ、舌や口の運動をすることも一つの方法です。

歯科口腔外科メニュー一覧へ