虫歯

虫歯

 虫歯は CO(要観察)C1(エナメル質う蝕)C2(象牙質う蝕)C3(歯髄;神経まで達するう蝕)C4(歯が崩壊して根だけになったもの)に分けられます。

CO-C1 着色や再石灰化により白濁などがみられます。経過観察のみです。
C2   しみたりします。虫歯を取り除き、レジン(樹脂)や金属の詰め物をします。
C3   痛みが強くなります。神経を保護して詰め物をするか、神経を取ります。
C4   神経が残っているなら抜随、神経が死んでいるなら根の中の掃除を行います。

 虫歯予防のためにはフッ素入り歯磨き粉が有効です。現在市販されている歯磨き粉のほとんどにフッ素(フッ化ナトリウム)が含まれています。ただ、歯磨きの時間がわずかだったり、みがいたつもりでみがけていないことがあるため、少なくとも5分程度は力をかけすぎないようにして歯磨きしてください。朝など時間が取れないときは、夜にしっかりと歯磨きすると良いです。また、食後すぐは食物の酸で歯が溶けかかっている状態ですので、食後30分くらいしてから歯磨きするのが良いでしょう。

歯科口腔外科メニュー一覧へ