歯の欠損

歯の欠損

 歯が残せなくなり抜歯した後、歯を補う治療として、ブリッジ、義歯、インプラントがあります。口の中の状態により治療可能な方法を診断し相談します。

ブリッジ

 欠損した歯の両隣に歯が残っている場合は、前後の歯を削って橋渡しにして歯を作ります。ただし、欠損が多い場合や前後の歯が歯周病で負担がかかりすぎる場合は勧められません。また、前後の歯を削るため、神経のある歯(生活歯)では知覚過敏が生じることがあります。入れた後の違和感はほとんどありません

ブリッジ装着

 

部分床義歯

 欠損が多く、また後ろに歯がなくてブリッジが入れられない場合、あるいは残っている歯を削りたくない場合などは義歯となります。残っている歯数本に針金(クラスプ)をかけて義歯が安定するようにします。義歯の欠点は、違和感があること、入れたままにすると汚れが口に残りやすいこと、粘膜に負担をかけるため、適宜調整が必要なことなどあります。

総義歯

 歯がなくなってしまった場合は総義歯となります。顎の堤の粘膜のみで負担するため、堤が少ないと義歯は安定しにくく粘膜が傷つきやすいため、作ってからしばらくは義歯の調整が必要です。(左が保険の義歯面、右が自費の金属床義歯面)

インプラント

 両隣の歯を削りたくないとか、義歯が入れられない場合には、保険外でインプラントがあります。全身状態や顎の骨の状態など問題がないかあらかじめ検査が必要です。歯の欠損した部分の歯茎を切開し、ドリルでチタン製のネジ(インプラント)を骨に埋めます。

インプラント上部構造

 通常、数ヶ月おいてからインプラントの上に土台を立て、被せをします。インプラントも歯と同様に歯周炎になりますので、日々のブラッシングが不十分な方にはインプラントは勧められません。また、半永久的なものではありませんので、装着後も定期的に診察を受けることが不可欠です。

歯科口腔外科メニュー一覧へ