歯根嚢胞

歯根嚢胞

 歯の根の先から汚れが骨の中に広がり、膿の袋ができたものです。手術する場合は歯肉を切開、病巣部の骨を削除して袋を取り除きます。原因となった歯を残す場合は、根の先も一部削り取ります。術後は、疼痛、腫脹などの一時的な炎症症状が生じます。またときに出血や、清掃状態が悪いと創部の感染、し開(傷口が開く)が生じたり、神経に近いとまれに知覚異常(しびれ)が起こる可能性があります、上顎の場合は上顎洞という鼻の空洞とつながることがあり、交通したときはしばらく鼻出血がみられることがありますが、徐々に落ち着いていきます。なお、原因となった歯を残す場合、歯肉が腫れて再発する可能性があります。

上顎前歯部の歯根嚢胞(模型)


下顎小臼歯の根尖病巣


歯科口腔外科メニュー一覧へ