口腔カンジダ症

口腔カンジダ症

 口腔内が乾燥したり、不潔であったり、免疫力が低下したりすると、口の中の細菌に変化が起こり、カンジダ(カビ)が増え、粘膜に拭って取れる白い白班が生じることがあります。また、義歯を入れたまま不潔にしていると、義歯にカビが付着して体にも影響を与えるため、清潔を保つことが大切です。治療には抗真菌薬のうがいや軟膏を使用します。

頬粘膜のカンジダ

 

義歯に付着したカンジダ


歯科口腔外科メニュー一覧へ